忍者ブログ
お知らせ

コメント、ご意見、ご感想お待ちしています。リンクフリーです。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

細かいところだけど、カードタイプって、イマイチ統一されてないっていうか適当だよね、っていう話。

例を挙げます。
騎士 - Wikipedia
上を見てわかる通り、騎士という言葉には2通りの意味があって、
一つは「兵種」としての意味、もう一つは「階級」としての意味です。
これ、今ごっちゃになってますね。中には両方の意味に当てはまらないようなものも散見される始末。
太陽王国の突撃兵赤竜国の突撃兵は兵種の意味。
魔法王国の聖騎士たちは馬に乗らなそうなので階級の意味。
太陽王国の盾騎士なんて明らかに歩兵ですし。
もうちょっと細分化した方が良さそうです。槍兵、剣士、騎兵、騎士という風に。ここでの「騎士」は、階級の意味で。

ぱっと見、カードタイプ1は国などの『所属』、カードタイプ2は『職業』や『役割』を表しているようです。
国と種族が同レベルで表示されるのは、少し不自然な感じを受けるので、もう一段階カードタイプを増やしたほうがすっきりするのかも。

アンノウン→カードタイプ無しで統一
三銃士とか代行者とか特殊だからいらなくね?
なんでもかんでもカードタイプに当てはめなくても良いと思うよ。
PR
代行者の修正案を考えたくなったので書きました。
カードイメージって大事だと思うんだ。

光の代行者『リミエール』

『光の代行者は、世界の歪みが生み出した裁きの使者だ』

世界の魔力バランスが崩れた時に現れたリフェスの属性を持つ者。
他の神族に対してその力を存分に発揮する



魂の代行者『アニムス』

『光の代行者が現れた事により世界の秩序は魂の代行者を呼び出した』

世界の魔力バランスが崩れた時に現れたローティアの属性を持つ者。
光の代行者が現れた事によって、生み出されたと言われている。その力は破滅的。



火焔の代行者『プラーミァ』

『光の代行者と魂の代行者の戦いにより生み出されたゴミを焼き尽くすために現れた』

世界の魔力バランスが崩れた時に現れたゴウエンの属性を持つ者。
光と魂の代行者たちの戦いを傍観し、その後始末をするために現れた。
すべてを浄化する力を有する。


大海の代行者『オセアン』

『世界を再生させるため、最後の代行者が現れた』

世界の魔力バランスが崩れた時に現れたファルカウの属性を持つ者。
代行者たちの力を沈めるために現れた最後の代行者。
(たぶん ×沈める → ○鎮める)


問題点は
(1)係数が大きすぎる。
(2)スキル多すぎ  見た目の分かりにくさだけでなく、どの影響値を上げても有効に使える便利さが凶悪。
(3)OSでSP+2なのに基準値持ち。どころかStS,AuSでゆうゆうLV5以上相当の化け物に。

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/22 サジタリィア]
[08/16 oracle8]
[07/17 レット・バトラー]
[07/14 せーどるふ]
[03/28 レット・バトラー]
プロフィール
HN:
レット・バトラー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析