忍者ブログ
お知らせ

コメント、ご意見、ご感想お待ちしています。リンクフリーです。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2chで面白いデータを見つけましたので、刺激されて、くじのレア率について考えてみました。
得られた結論は、
『☆5の出現率は0.5%以下。』
です。2chに記入されたデータを信じれば、レア率up時には
☆5: 0.4%
☆4: 0.8%
☆3: 4%
☆2:12%
と推測されます。
詳しくは続きから
PR
前回は、ユニット同士の殴り合いの観点のみで言えば、ATとHPの関係は、和による基準値ではなく、あるユニットを基準にし、AT(攻撃力)をx倍したらHP(耐久力)はx分の1にするといった具合に、割合によって考える方がより公平であるという話であった。

では、現在の“基準値”によるステータスの決め方に従って作られたユニットの中で、最も強いと言えるものは存在するのだろうか?
今回の考察の結果、「ありそうだ」という結論が得られた。
それは、HP=ATとなる場合である。ただし、あくまでも高速高ATが多いとか、40ダメージSSが多いなどの環境の影響は考慮していない。

理由は以下のようである。
細身剣の剣士は不遇である。このユニットを強いと思う人はいない。
なぜそう感じるのだろうか。今回はHPとATの割り振り方とユニットのパフォーマンスの関係から考えてみたい。

ユニットのステータスは、多くの場合、
ST_total=HP+AT+DF×2+(AGI+RNG)×10
=LV×20+60   ・・・(1)
となるように各数値が割り振られている。(ただし公式に発表されているわけではない。)細身剣の剣士はこの“基準値”はしっかり満たしている。しかし、同等であるべきはずのLV3ユニットの多くに一対一で勝てない。

まず「ATが低すぎる」ということを問題に挙がるだろう。
また、「HPが低すぎる」と考えることもできる。
ここから一歩進めると、HPとATの価値の考え方の問題に落ち着く。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[04/22 サジタリィア]
[08/16 oracle8]
[07/17 レット・バトラー]
[07/14 せーどるふ]
[03/28 レット・バトラー]
プロフィール
HN:
レット・バトラー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析