忍者ブログ
お知らせ

コメント、ご意見、ご感想お待ちしています。リンクフリーです。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナポレオンのルールについて、軽ーく書いておきます。

  • 最初は全員10枚ずつ手札を持つ
  • 1枚ずつカードを出していく。1ターン目はナポレオンから。
  • 1枚ずつ全員が出し終えたらターン終了
  • 各ターンで一番強いカードを出した人が、そのターンに出た絵札を得る。また、次のターンの最初にカードを出す。
  • そのターンの最初のカードと同じスートのカード(台札)がある場合はそのカードを出さなければならない。
  • カードの強さは、(よろめき)>スペードA(オールマイティー)>ジョーカー>正ジャック>裏ジャック>(セイム2)>切り札>台札
  • ナポレオン宣言は、各々が切り札にしたいスートと、取れそうな絵札の数を言い合い、最も難しい条件を宣言したプレイヤーがナポレオンになる。
  • ナポレオンは、好きなカードを指定し、そのカードを持つプレイヤーに副官とする。誰が副官かは副官本人にしかわからない。

コウタロウのナポレオン譜 

PR
<リムーブする順番について>
リムーブは
(1) 先にクローズした方から
さらにグリモア(OS)やASなどで同時に複数がクローズした場合
(2) クローズする原因となるスキルを使った側から
(3) フィールド番号が若い方から
行われます。

(2) に関して、例を上げて説明します。
ex.1) 既に2回復活した自軍の「熊殺しの斧戦士」がスキル「チャージ」を使い、既に2回復活した敵軍の「海底の猟師蟹」をクローズさせ、その際自らもクローズした。
→自軍のユニットからリムーブ
ex.2) 自分がグリモア「爆炎の咆哮」を使用し、敵味方に複数のクローズ
→自軍ユニットを全てリムーブした後、敵軍ユニットのリムーブ

ソウルカードは、LPへのダメージ(以下ライフダメージ)をイクサーの替わりに受け止める。いわば盾、あるいは装甲板と言うべきものである。

ソウルカードは、ファイルを組むときに5枚設定しておく。ライフダメージを受け止める順番は、ファイル作成時に決めた順番で固定である。ファイル編集画面で左から右、対戦画面では右から左の順である。各カードが受け止められるライフダメージは1~3の間でカード毎に決まっており、その値はカードのパラメータ「LP」に記載されている数と等しい。

受け止め得るライフダメージを受け切ったとき、ソウルカードは消滅するが、その際ソウルカードに設定されている「ソウルスキル」が発動する。ソウルスキルは「SS(Soul Skill)」と略す。多くの場合、LP値が小さいカードほどソウルスキルは強くなっている。LP3のカードは自軍にデメリットのある効果が多い。

イクサーの総LPは、イクサー本人のLP(1)と5枚のソウルカードのLPの和となる。最小で6、最大で16

余談:
・発動中のスキルは画面右上に表示される。ドラッグすることでスキル画面を移動させることも可能。
・LP2でソウルスキルを持たないカードも多くあり、バニラSSと言うこともある。バニラは“真っ白”の

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[04/22 サジタリィア]
[08/16 oracle8]
[07/17 レット・バトラー]
[07/14 せーどるふ]
[03/28 レット・バトラー]
プロフィール
HN:
レット・バトラー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析